理想の部屋づくり

リフォームなら当サイトにお任せ!

無垢材へのリフォームは難しい?

無垢材へのリフォームは難しい? 集成材を無垢材にリフォームすることはできないか、一度は考えたことのある人は少なくないのではないでしょうか。
結論からいえばそれは非常に困難ですが、表面の加工に留まる単一素材の木材であれば、加工を取り除くことで無垢材にできます。
例えば塗料が塗られている木材がそれで、表面を削り木材そのものの材質を表面に出せば、天然の素材として再利用可能です。
ただリフォームできる木材は限られますし、全面の加工を落としてリセットする必要がありますから、作業量が多く大変です。
また必然的にサイズが縮小して寸法が変わってしまうので、厳密な寸法が求められる用途には不向きです。
住宅を支える重要な役割を担っている木材だと、取り外すだけでも一苦労なので、不可能ではないとしてもハードルはかなり上がることになります。
リフォームは楽しくて住宅を好みに変えられるチャンスですが、表面加工を取り除くようなリフォームがとても難しいことは容易に想像がつくのではないでしょうか。

無垢材へのリフォームは難しい?

無垢材へのリフォームは難しい? 自然を感じたいなら、無垢フローリングでリフォームを行ってみるとよいです。
無垢材は、天然の木のぬくもりを感じることができます。
自宅ではリラックスして過ごしたいと考える人も多いですが、森林の中にいるような自然な温かみを感じることが可能です。
木の雰囲気を重視したい人は、選んでみるとよいです。
無垢材を使った場合、お手入れが大変だと感じがちですが、しっかりとした知識を持っている会社に依頼すれば困ることはありません。
専門の会社にリフォームを行えば、気候や間取りなどを考えたうえで一番合っている木材を紹介してもらうことができます。
ベストな木を使用できるので、腐食を気にすることもないでしょう。
また、uv機能をプラスするなど紫外線から守る対策を行ってもらうことができます。
紫外線からの影響を受けることがないので、色落ちしたり木が縮むこともなくなっています。
無垢フローリングを安心して導入することができるでしょう。